アイスコーヒーを真夜中に飲み干す

たとえば、何も知らないエイリアンに「アイスティー」のことを説明するとしたら、どんなふうに言う?「使命」の性質とか、いや、前提として世界や日本についての説明から始めるかもね。

サイト内コンテンツ

騒がしく大声を出すあの子とオレ

昔ものすごくデブだった時に、毎回食べたくなったのがハニートーストだ。
ピークの時は、ディナーの後に2枚以上食べた時期もあった。
最悪なことに並行して、フライドポテトに取りつかれてしまい肥満体型の世界へまっしぐらだったあの頃の私。
挑戦した痩せる方法が変なのばかりだ。
最初は、14日間スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープのみのダイエットだ。
出先にも水筒に作って持ち運んだという徹底さ。
次が葱を夕食に置き換えるというダイエット。
これらは、今では無謀。
その後、2年ほどで食生活を変えると、あっという間に半分くらいに。
とにかく地道にやっていくしかないのかもしれない。

余裕で走る子供と突風
取り掛かったら、完璧に仕上がるまで多大な時間がかかるものが、世間には多く存在している。
代表的なのが、外国語の習得ではないかと思う。
だけど、韓国語だけは例外ともいえるようで、母国語である日本語と語順が同じ、SVOで、なんと日本語にない音が少ないので、わりと習得が早いとか。
韓国語を学んだ友人の明日香は、英語よりは割と学びやすいので飽きないよ、とのこと。
そうと聞いたら夢が膨らんだが、やっぱり韓国語の文字は暗号にしか思えない。

目を閉じてお喋りするあなたとアスファルトの匂い

テレビを見ていたり、街を歩いていると、美人だな〜と思える人はたくさんいる。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
それぞれの雰囲気は、その人の内側かもしれない。
結構重要だと思う。
私が見てしまうのはアーティストの西野カナだ。
歌番組を見て、初めてインタビュー受けている姿を見た。
女性らしい!と見ずにいられない。
ベビーフェイスに、体つきも良い感じ、淡い色が凄く似合う印象。
話し方がほわんとしていて、方言もポイントがアップ。
曲は結構聞くけれど、これを見てからますます大好きになった。

夢中で体操する父さんと草原
北方さんの水滸伝の血が通っていて凛々しい人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要なキャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
作中人物に実際の人の様な弱さがうかんでくるのもそして、夢中になっていたわけだ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に成しうる限り尽力しているのが精読していて魅了される。
読破していて楽しい。
しかれども、魅了される人物がひどいめにあったり、希望がやぶれていく描写も心にひびくものがあるから魅力的なフィクションだ。

薄暗い週末の晩は窓から

ちかこが、自宅のベランダで、トマトを作っている。
実ったらサラダを作りたいそうだ。
実は、あまり水を与えないし、近くでたばこを吸うので、ミニトマトの周りの空気はこれっぽっちも良くない。
丸一日水分をあげてないという時の、その外見は、葉っぱがしょぼんとしていて、人間がしゅんとしている姿に激似だ。
気の毒だったので、水分を豊富にあたえると、次の明け方には陽気に復活していた。

月が見える大安の午後に外へ
打ち上げ花火の時期だけれども、しかし、今住んでいるところが、行楽地で週末の夜、打ち上げ花火が打ち上っている、もうあきてしまって、新鮮さも感じなくなった。
週末の夜、打ち上げ花火をあげているので、クレームも多いらしい。
俺の、住居でも花火のドンという音がやかましくて娘がパニックで涙を流している。
シーズンに一、二回ならいいが、夏季の間、毎週、だらだらと大きな音が鳴り続けていては、むかつく。
すぐに花火が上がらなくなればいいのにと思う。

どしゃ降りの土曜の午前は料理を

私は素肌が全然強くないので、すぐトラブルが起きる。
そして、ボディーシャンプーの体にこびりつく使用感が好ましくない。
しかしながら、冬は凄くぱりぱりになるので、無添加のローションを使う事にしている。
愛用中の製品の残念な部分は、料金が凄く高いので、なかなか買えないところだ。

暑い木曜の夕暮れにビールを
辺ぴなところに住んでいると、インターネットでものが手軽に購入できるようになったのが、とっても役立つ。
その理由は、まともな本屋が市内に一軒だけしかなくて、本の品ぞろえもひどいから、購入したい雑誌も手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりネットショップで購入するほうが簡単だ。
だって、本屋に行くだけで原付で30分以上かかるからめちゃめちゃめんどうだ。
ネットショップに慣れたら、本以外もネットで購入するようになった。
なんでもネットショップで手に入れるようになった。
家電は、ネットのほうが必ず安価で、型番商品は必ずネットショップ購入だ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

涼しい平日の早朝は椅子に座る

ある大がかりな仕事があったとき「まあ、なんとかなる」と考えていた社会人になりたての自分。
その時、私たちチームのみんなが、「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」など不真面目に取り組んでいた。
見かねた指導官の女性上司が、注意したセリフが脳裏に残っている。
「達成に向かって頑張って毎日を費やしたからこそ、業務終了後に無事だっただけの話。
よって、みんなのように簡単に構えていて、運よく事が簡単だったという意味は含まれていません。
過ぎれば単純だったといった本当の意味は、正反対です。
前からしっかり勉強し準備をしたからこそ、能力が有り余って、業務がスムーズに進んだという事を言っているだけです。
じゅうぶん本気になりましたか?
なめてないで早く取り組んでください。」
という事。
そして、新入社員一同必死に勉強しじゅうぶん仕事をすることができた。

喜んで踊る友人と読みかけの本
富士には月見草がよく似合うとのよく知られる名言を書いたのは作家の太宰治だ。
彼は、バスに乗り、御坂峠を通り、今の甲府市へ向かうところだった。
その時たまたま一緒になったお婆ちゃんが「あら、月見草」とつぶやく。
そこで、振り返った太宰治の目に映ったのが、月見草、同時に大きな裾野をもつ富士山だ。
富岳百景のこの話は、日本一の名山を話すときに欠かせないと思う。
多くの文芸作品にも引っ張りだこの、3776mの名山だ。
どこからどう見ても、同じく、美しい形をしているために、八面玲瓏という言葉がよく合うと伝えられる。
そうかもしれない。
私が好むのは河口湖から見る名峰富士だ。